ネスプの説明会

持続型赤血球造血刺激因子 ネスプ の説明会がありました。

腎臓では“エリスロポイエチン”というホルモンが作られます。これは赤血球を増やすスイッチの働きをします。腎機能が低下するとこのエリスロポイエチンが減少し赤血球が正常に作られなくなり貧血を起こします。これを腎性貧血といいます。ネスプはこのヒトエリスロポイエチンを改変した薬剤です。ネスプが造血幹細胞のエリスロポイエチン受容体を刺激することで、赤芽球への分化が回復し、赤血球の産生が促進されると考えられています。

説明会の弁当は富松うなぎ屋のうなぎ弁当でした。

ごちそうさまでした(^ω^)

住所:福岡県久留米市大善寺町黒田83-6

電話:0942-26-3608

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です