松下美術館

福山病院の敷地内には美術館がありますw( ̄Д ̄;)wワオッ!!

昔勤務していた愛媛労災病院の敷地内に体育館があったのにもびっくりしましたが、美術館があるのにもびっくりいたしました。

美術館開設のいきさつは病院のホームページに記載があります。

(福山病院)開設者である松下兼知(先代院長)は、本来幼少児より、絵に対する興味が非常に強く、長崎医大時代も児島善三郎に絵を習い、いろいろ、日本や外国をまわる時、矢立てを持ってはスケッチをしておりました。その後この興味は絵画にとどまらず、出土品にも広がり、ヨーロッパを旅行しているとき、田舎にもすばらしい美術館があることに感銘し、昭和58年に財団法人松下美術館を設立しました(福山病院ホームページ 院長あいさつより)。

本当に素晴らしい美術館です。

医局からすぐそばにあるので時間があるときはふらっと見に行っています。

モネ、ピカソ、ルノワール、ドガなど有名画家の作品の展示、また鹿児島ゆかりの画家の作品も数多く展示されています。“湖畔”や“読書”で有名な黒田清輝も鹿児島出身です。

この美術館に出会えただけでも鹿児島に来てよかったと思えます。

松下美術館ホームページ

美術館

美術館入り口に立つ彫刻

美術館側に立つ松下兼知先生の像

 

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。 更新の励みになります! <(_ _)>
病院・診療所ランキング にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です